.ing

のんびりネトゲとソシャゲとたまにお絵描きブログ。

LAPLACE LINKを遊びました

otr_145.jpg

LAPLACE LINKことラプラスリンク、通称ラプリンとは2015年11月4日に発表された新作ソーシャルゲームです。
これのβテストが始まっていますので、それなりに遊んだ結果を書いてみますよ!

結構きついこと書いてあるので、許せる人だけ読んでくださいね。




さて、冒頭で書いたとおりラプラスリンクは2015年に発表された新作のソーシャルゲームです。言い直すと「2015年11月に発表され2015年12月にオープンβ、2016年4月に配信予定だったものの配信時期未定となり、今年2017年1月に二度目のβテストが実施」された、いわば見える地雷です。

何故そんな見える地雷のゲームについて書いているのかというと、リウさんはこのゲームを非常に楽しみにしていたからです。

地表に開いた大穴からそびえ立つ「ラプラスの樹」
人々は、ラプラスの樹が放出する未知のエネルギー「エーテル」を利用するためのプログラム「ルーン」を発明し、魔法の力に変換していた

一方で、消費されたエーテルは汚れた「廃エーテル」となり植物以外の生命を喰らい、人を襲う謎の生命体「樹獣(きじゅう)」を生み出した人々はエーテルによる恩恵を享受しつつも、樹獣の脅威に怯えていた

そう、世界観に凝っているみたいなのです!リウさんは世界観厨なので期待しないはずがありませんでした。事前登録もばっちり済ませて、最初のオープンβにも参加しました。そして思ったのです。

このゲーム、ダメかもしれない。って。



まず不安に思ったことはこれがブラウザゲームということでした。
ちょっと専門的なお話になりますが、スマートフォンを対象としたソシャゲの多くはネイティブアプリ(簡単に言えば端末にインストールして使うアプリ)として作られていて、その理由は動作速度によるところが大きいと思います。ありていに言えば、ブラウザ上でなにかをするには処理速度がネックになるのです。すばやい操作を求められるゲームなんかはそれが顕著です。

otr_146.jpg

スマートフォンで動作するブラウザゲームで一番有名なのはグラブルではないかと思うのですが、このゲームはゲーム進行にあたってシビアな動きを要求してきません。

otr_147.jpg

でもラプラスリンクは違います。マップ上を動き回り、範囲攻撃を避け、敵を倒すアクション性を組み込んだゲームシステムなのです。処理速度が追いつかず、リクエストに対してレスポンスを返せなければ最悪ゲームオーバーになる可能性もあるゲームです。こういう速度を求める動作を、PCよりもスペックの低いスマートデバイスのブラウザ上で実現するのは難しく、悲しいまでに向いていないのです。

事実最初のβテストでは、タップしても反応しない。タップしてから希望の処理に至るまでワンテンポ遅れる。処理落ちする。など散々なできばえでした。それに対する返答は「処理の最適化、改修、ブラウザのみではなくアプリ版も提供する」とのことでした。

❖ 「LAPLACE LINK」のサービス開始時期は4月に決定。スマホアプリ版とPC版(Google Chromeアプリ)が同時配信予定であることも明らかに - 4Gamer.net

でもさ、そうやって一年待ったよ。途中報告もロクになく、ただただ一年という月日が流れて今、二度目のβテストを発表したよね。

otr_148.jpg

iOSアプリは正式サービス後としても、PC版はどうしたの?ブラウザ版と同時に配信するって言ってたじゃない?βじゃAppStoreに認証は通せないかもしれないけど、PC版は違うよね?

二度目のβテストもSafariで遊んでいますが、二重タップで拡大してしまったり、二重リクエストで画面操作に支障が出たり……正直言ってありえないです。処理速度も一度目のβよりはよくなったけど遅い。今の時代にユーザを遷移のたびに2秒も待たせるのはサービスとして論外ですよ。
そもそも二重タップも二重リクエストも真っ先に規制すべき例外処理であって、これができてないとか開発全員新人エンジニアなんですか?とまで思いました。怒りすら覚えました。
一年かけて改良したのがこれ?って感じです。



設計思想はおいておいて、ゲーム内容のお話。
ラプラスリンクの戦闘システムは「リアルタイムコマンドバトル」と称されていて、用意された4つのロールを切り替えながら戦闘を行います。そして戦闘にはメイン3人サブ3人で1組のPTを組み、メイン3人が戦闘に参加します。ここが問題でした。
4つのロールは「敵のヘイトを集めるディフェンダー」、「敵のブレイクゲージを貯めるブレイカー」、「攻撃に特化したアタッカー」、「味方を回復するキュアラー」……でも戦闘に参加できるのは3人なのです。

まずアタッカーをはずすことは考えられません。敵のHPを削れるのは実質アタッカーのみだからです。
ブレイカーをはずすことも考えられません。ボスは耐久力が高く、ブレイクゲージを貯めて敵の耐久を下げないと攻撃が通らないからです。
キュアラーをはずすことも考えられません。敵の攻撃はそれなりに痛く、ヒール手段がなければ死ぬからです。
そしてたいていの敵の攻撃はディフェンダーでなくても耐えられます。

otr_149.jpg

となると、火力がなくヘイトを集めることしかできないディフェンダーはいらない子になります。ロール制の意味、皆無です。
SR以上ならステータスの上昇率がそれなりなのでサブに入れてもいいですが、防御特化ステータスなので効果はお察し(左下の子がディフェンダー)

唯一活躍できそうなのはマルチバトルのHardぐらいだと思いますが、ディフェンダー被りになればディフェンダーの枠に食われたブレイカーの不足で長期戦は免れないと思います。寄生やマルチマッチング時間の短縮から、時間効率はNormalの方が上になるでしょう。ほんとどうしようもない。
(追記)Hardの難易度緩和が入ったみたいで、とてもラクチンになっていました。ステータスが5000あればロール被りでも余裕でSランク取れるぐらい。おいおいそこまで緩和するのもどうなのよと思いつつ……。マッチング時間が狭いのがネックですね。部屋を建ててまでやりたいかと言われればやりたくないです。



正直見える地雷という印象は変わらず、一年持つのだろうか。という不安ばかりが募ります。もう一度新生したらいいんじゃないですかね。
とりあえずメインストーリーは終わらせてサブクエもそこそこ。マルチも一通り遊んでみましたが、遊んでいてどうしようもない怒りが湧いてきたので、思わず記事にしてしまいました。逆に興味が湧いた方は遊んでみるといいかもしれません!

Leave a reply





該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。